ツールド長野・持っていって良かったもの

カテゴリー

ツールド長野、漫画開始までのつなぎです
まずは持っていって良かったもの!

一つ目はダイエット編でも大活躍だった
ガーミンのインスティンクト!

このGPS機能付き腕時計。
ランニング専用の
For Athleteシリーズと比べると
ランニング関連の計測機能は
かなり弱いのですが、そのぶん
登山にはかなり有用なギアと
なっております。

道迷いでも安心の、来た道を戻れる機能や
コンパス、高度計もバッチリ!
そして何より良いのが、給電しながら
長時間ログを取り続けられること。
トレイルにはかなりオススメですよ。

そして二つ目は、以前も紹介したミニ熊鈴。
二つ一緒にくっつけて装着することで、
互いにぶつかってちょうど良い音量に。
住宅地では、外して
ポケットに入れるだけで完全消音。
頻繁に装備したり外したりを繰り返す
ツールド長野では使い勝手が良かったです。

そして、今回の目玉アイテムは……

山専ボトルでも有名なサーモスの
真空断熱ケータイマグ/JNO-252!

重量わずか150gという軽量で
容量が絶妙の250ml。
熱々のドリンクを入れておけば
極寒の山頂で、体の内側から
暖をとれる優れもの!

昨年はとにかく山頂で凍えたので
裏技としてザックに忍ばせました。
もちろん効果は絶大!
だって、山頂で熱々のスープが
飲めるんですもの。

でも、数ある魔法瓶の中で、
なぜオイラがこれを選んだのかと
いいますと……

それが、ズバリ250mlという
容量なんです。

ツールド長野の場合、熱々のお湯は
コンビニで調達することになります。
その際、いわゆるカップスープを
購入してお湯を注ぐわけですが、
大体のカップスープはお湯が200ml
程度で適量なんです。
つまり、出来上がったカップスープを
まるっとロスなく注いで持ち運べて、
しかもコンパクトで軽量!
言うことなし!

ちなみに気温がマイナスの山頂でも
数時間前に入れたスープが熱々でした。
値段も1,600円ほどとなかなかお手頃。
寒い冬にトレイルに入る方には
全力でオススメいたしますよ。

と、いうことで、まずは三つの
グッズ紹介でした。

もうちょっとマンガ開始まで
記事が続きます!

 

Twitterやってます

Instagramも復活中

アニメYouTubeはこちらです

動画YouTubeはこちらです



 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました