2018ツールド長野漫画レポートその32

カテゴリー

奇妙山への稜線で強風にさらされる
オイラ達。どんどん冷えていくのですが…

なぜかのどが渇いてきました。

「あれ? 先週は全然のどが
乾かなかったのに……なんでだろう?」
「は! もしやここに来るまでに脱水が
進んでるからでは!?」

と、気づいたときには後の祭り。
胸に挿したペットボトルの水はもう
1/3ほどしかありません。
ひいいいい!

「ど、どうすんのよ!」
「とにかく早く山頂まで行こう。
山頂に着いてしまえば、あとは
下りだからそんなに水は必要ないはず」
「そ、そうね……」

いくらコースの下見をしていても、
当日どのくらい脱水しているかまでは
考えが至らなかったオイラ達。
まだ奇妙山の山頂にも到着して
いないのに……

一気にピンチを迎えました!

Twitterやってます

Instagramも復活中

アニメYouTubeはこちらです

動画YouTubeはこちらです



 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました