南房総みちくさ100kmレポートその13

カテゴリー

首の痛みは消えたものの、足首の

痛みは消えません……

 

やはり距離を踏むとごまかしが

効かなくなってきます。

 

ただ、頻繁に美味しいエイドが

現れてくるので、エイドの引力で

なんとか先に進めるんですよね

 

こちらは、勝浦市鵜原の郷土料理

その名も鮑腸餅(ほうちょうもち)!

昔、鮑(アワビ)が大漁だったときに

お祝いに食べたお餅なんだそうです。

薄くて歯ごたえのあるお餅に、きな粉が

たっぷりかかっていて美味!

そして、面白いのが……

 

こんなに薄いお餅なのに、表と裏が

あるんですよね。

片側はよもぎが練り込んであります。

この姿が、アワビの腸に似ているから

鮑腸餅と言うんだとか。

なんてユニーク!!

しかもこれ、完全に手作りです。

ブラボー!

ヨメはこのお餅を大層気に入って

おかわりまでしてましたよ。

 

で、また先に進むと、疲れた体に

優しいおかゆもありました

なんというか、とにかくランナーが

欲しいものばかりエイドにおいて

あるんです。

これはリピーターが増えるのも

頷けるおもてなしですね。

 

とまあ、こんな美味しいものばかりなので

立ち止まってじっくり食べていたら……

 

ヨメは先に行ってしまい、

見えなくなっておりました(泣)

 

とうとう、孤独な戦いが

始まってしまいそうです……

 

Twitterやってます

Instagramも復活中

Youtubeはこちらです!



 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました