2016TOKYO八峰マンガレポートその04

カテゴリー

去年も感じたTOKYO八峰の特色。

その一つ目は……

 

とにかく、息を抜く場所がない!

ということです。

 

キツい大会も、ゆるい下りが続く

セクションなどがあると、良い感じで

息が抜けますよね。

 

ところが、このTOKYO八峰。

ひたすら細かいアップダウンの連続と、

木の根がやたらとある高尾近辺の

特徴もあって、ほとんど息を抜ける

セクションがないんです。

すると、みんなアップアップになるので

ペースが落ちがち……

 

 

 

そして二つ目が、シングルトラックが

大部分を占めること。

 

大人数がシングルトラックを移動すると

どうしても前の人を抜くことが

出来ません。

 

 

つまり、上記二つの特色を合わせると、

前後があっという間に詰まって

簡単にトコロテン状態になります。

“抜けないし、ペースも落とせない”

“そしていつでも前の人のお尻が

目の前にある”

という状況になるんですよね。

 

これは、大会中にやたらとオナラが

出るオイラにとってはかなりの障害!

 

実際、途中からかなり我慢することに

なりました……

 

TOKYO八峰、実はコース以外にも

こんなトラップがあるのです。

 

恐るべしTOKYO八峰!

 

Twitterやってます

Instagramも復活中

Youtubeはこちらです!



 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました