2016野辺山ウルトラマラソン参戦記その15





You may also like...

67 Responses

  1. ポンゆた より:

    野辺山お疲れさまでした!野辺山を調べたら獲得標高2080mでチャレ富士850mの倍以上でした。過酷な大会ですね。
    来年参加しようかと考えているんですが、昨年富士山に登った時に高山病になったので今回のレポを拝見して、ちょっとビビっています(><;)

  2. Jimmy より:

    野辺山お疲れ様でした~。
    こういうときも有りますよね。私も、去年は、富士山頂往復マラニックで人生初のDNFと思ったら、ハセツネまで2戦連続のDNF。
    どちらも、体調もいまひとつだったのですが、己の実力を過信して、序盤から突っ込み過ぎました。
    いまは反省して、基礎体力作りからやり直しているところです。
    一方で、お二人の実力は、昨年の富士山頂往復マラニックはじめ、数々の大会の実績で証明済みですから、気落ちせず、またチャレンジしてください!
    追伸
    浜マラソンの駅伝は、家族ではなく、大会を通じて知り合ったラン仲間とのエントリーです。
    うちの家族は、カミさんが1年前にまさかのマラソン引退宣言で、一緒に走る機会がすとうろーなくなりました(笑

  3. pink_man より:

    お疲れ様でした~。
    私も過去唯一リタイアしたのが野辺山です。
    本当に色々な事を教えてくれる大会なので
    秘かに野辺山先生と呼んでおります。
    条件が揃わないと完走できないのは
    皆、一緒。
    ウルトラだろうと10kmロードだろうと
    スタートラインに並ぶことが出来る
    だけでも幸せだと思います。
    そうそう今更ながら
    ブログリンクしてもいいですか?
    ・・・あれ?ハリセンボンは?

  4. おっさんランナー より:

    >ポンゆたさん
    ら、来年参加ということは、チャレ富士118kmと連チャンですか!? オイラ達には絶対に無理なスケジュールです。さすが若さと実力を兼ね備えたポンゆたさん。でも参加するなら、ぜひナガイモくんもゴールまで連れて行ってやってください。ポンゆたさんが出るとなったら、彼も絶対参加すると思いますので!

  5. おっさんランナー より:

    >Jimmyさん
    オイラ達も、今回は「なんとかなるだろう」と気持ちが緩んでいた事は否定できません。慢心こそ一番の敵ですね。猛省しております。 それにしても、奥様は本当にきっぱりとラン生活をお辞めになったのですね。その潔さも凄いです!

  6. おっさんランナー より:

    >pink_manさん
    な、なんとpink_manさんも野辺山をリタイアされて事があるのだとはっ! しかも野辺山先生なんて、本当にオイラ達の気持ちと重なる表現です。 ブログのリンク、大歓迎ですので是非コメント欄からURLを教えてください。そして……はっ!ハリセンボンを登場させるつもりがすっかり忘れておりましたっ(泣)ひー!!

  7. 白星 より:

    負けずに強くなった人はいない気がします!
    ネクストチャレンジ、カモーン!(^_^)

  8. pink_man より:

    連投失礼します。
    http://blog.goo.ne.jp/kaine5103
    です。よろしく~。
    あれ?完走条件が増えてる・・・。

  9. さりー より:

    改めまして心よりお疲れ様でございました。
    野辺山先生…強くて怖くて突き放されて。でもまた受け止めてくれる懐の深い先生。そんな感じかなぁ~
    私も怖いけど野辺山先生に会ってみたいです。
    ナイスファイトでした!
    追伸。
    先週末の奥武蔵、夫婦で無事完走致しました。沢山のナイスおっさんを交せて元気と勇気を戴きました。おっTに感謝です!

  10. ハチベエ より:

    野辺山での長い1日おつかれさまでした。
    3コマ目にある時計から、もう少し早くゴールしてれば再びご挨拶できたようですが、実力不足ですみません。
    野辺山を5年連続完走した知り合いが、今年が一番暑くて過酷だったと言ってました(泣)
    富士山頂など多くのウルトラを経験されたお二人なら、いつもの天気で体調さえ整えばきっと完走できると思います。
    馬越峠からの雄大な景色、ゴールでの感動、そしておっさんTシャツを着たランナーさんと出会えたことは楽しい思い出になりました。
    テイテイさん、ポンゆたさんなど野辺山へのエントリーを悩まれている読者さんがいるようなので、ぜひ参加をオススメします(^_^)

  11. より:

    お疲れ様でしたー。大会その当日に体調を揃えるのが、凄く難しく感じてます。大会でロードウルトラはまだゴールした事がありません(^^;;

  12. oka-p より:

    お疲れ様でした。
    今回は条件が悪かった…そう思います。
    あの暑さ、見ている方もキツかった(´д`|||)
    自宅に安全に帰る為のリタイアは市民ランナーとしてはアリです!
    完走出来なかった悔しさは来年ですね。
    またお会い出来ればと思います。

  13. 晴れ男 より:

    毎朝楽しく読ませてもらいました。
    うちは23年になりますが、もう一緒に出かけることもなく、話題もぼけ始めている親のことくらいです。
    お二人がご一緒にところをみてうらやましく思いました。

  14. 掛川ノブ より:

    お疲れさまでした。長い暑い1日でした。
    次回は間違いなく完走ですよ。

  15. フロンタサポーター より:

    野辺山お疲れ様でした。苦しさと悔しさを分かち合えるお二人が素敵に写りました。

  16. マック より:

    普通はウルトラ7回完走自体が凄いことですよ。
    おっさんランナーの諸条件+仕事、家庭、お金(^^;と色々とクリアーすべき課題があるのもウルトラの醍醐味?ですかね。
    野辺山もいつかは出てみたいけど…5月下旬は色々と行事が…家庭という強力なゼロ関門突破出来ず

  17. ナツオ より:

    野辺山はいいところですよね。
    そのうち、ご家族でのんびり、なんてのもいいんじゃないでしょうか?

  18. しもべー より:

    どんなに辛かったレースでも、3日経つと、いとおしく感じてしまうのは市民ランナーの性でしょうか(^^ゞ
    野辺山は子供の運動会が重なりそうでエントリーできずにおり、来年は日程が変わらないかなーと思っているのは私だけではないはず…

  19. 40sおやじ より:

    野辺山お疲れ様でした。
    暑いのは本当に辛いですよね。
    内臓やられるし、一気に走る気力を奪われます。
    勇気あるDNFの決断だと思います。
    私も先週末、オクムにおっT着て参戦してきました。
    沢山の読者さん達とスタート前、すれ違い区間、ゴール後と楽しい時間を過ごせました。
    おっさんさんのおかげです。
    ありがとうございました。

  20. つづきのこべ より:

    私も2013年のいわて銀河100km、2014年の富士五湖5Lake108km、オクム78kmと約1年の間に途中リタイア3回経験しました。今振り返ると、職場と仕事内容が変わって心理的にも肉体的にも不安定な時期でした。仕事に慣れ、通勤ランをルーティン化できるようになったら、ウソのようにリタイアがなくなりました。

  21. つづきのこべ より:

    連続ですいません。
    直前投稿の「40sおやじさん」とは昨年の雁坂と一昨日のオクムでご挨拶させていただきました。私自信は地域クラブのTシャツを着てましたが、苦しい登りで「おっT」を見つけると元気が出ます。

  22. つる より:

    涙あり笑いありの野辺山編、感動しました!!
    おっさんさんと嫁さんさんを返り討ちにする野辺山、恐るべし…。
    でも、人生とマラソン、いずれの苦楽も共にするお二人は、何だかんだ言って強い絆で結ばれている素敵なご夫妻だなぁ、と思いました。

  23. おっさんランナー より:

    >白星さん
    ありがとうございます。ラグビーの様に何度でも立ち上がりたいと思います!

  24. おっさんランナー より:

    >pink_manさん
    リンク貼らせていただきますね! 野辺山レポートも読ませていただきます。 ちなみに完走条件は、もっと増えそうな気がしてきました(泣)

  25. おっさんランナー より:

    >さりーさん
    オクム完走おめでとうございます! 問題ないと心配はしてませんでしたが(笑)野辺山先生は、優しくそして厳しかったです。さりーさん達も是非生徒になってみてください!

  26. おっさんランナー より:

    >ハチベエさん
    改めてハチベエさんの実力にびっくりです。す、すごすぎます! しかしこの5年で一番過酷な状況だったとは。オイラ達のようなギリギリランナーには荷が重かったのは当たり前ですね。もっと精進します!

  27. おっさんランナー より:

    >亀さん
    亀さんほどのランナーさんでもうまくいかないのがウルトラなんですね。年齢を重ねるとコンディションの波が大きくなってしまうのはオイラも実感しております……

  28. おっさんランナー より:

    >oka-pさん
    優しいお言葉ありがとうございます。なのか無事に帰宅は出来たのでギリギリ及第点という事にさせていただきますね(笑) また大会でお会いしましょうっ!

  29. おっさんランナー より:

    >晴れ男さん
    オイラ達は仲が良い訳ではなく、一方的にオイラがくっついて歩いているだけという噂も(泣)事実、今回はオイラの事がうっとおしくて仕方なかったそうです。とほほ……

  30. おっさんランナー より:

    >掛川ノブさん
    その前に富士山頂すら危うく感じてきました。高度に慣れておかなければっ!

  31. おっさんランナー より:

    >フロンタサポーターさん
    ありがとうございます。分かち合うというよりは、分かり合えないという気も致します(泣) せめてボッカ駅伝では息のあったチームプレーをお見せしたかったのですが……

  32. おっさんランナー より:

    >マックさん
    仕事と家庭と金銭面! 確かにどれもハードルの一つですね。お子さんが小さい時は、家庭優先が一番ですよ。さすが分かってらっしゃるマックさん!

  33. おっさんランナー より:

    >ナツオさん
    オイラも野辺山の雰囲気は最高だと思いました。「今度二人で旅行で行こうか」と嫁に提案したら、「やだよお金がもったいない」と返されてしまいましたが(泣)

  34. おっさんランナー より:

    >しもベーさん
    子供の行事は、お父さんとしては外せませんよね。オイラも子供が小学生の頃は、行事といえば全部行ってました(フリーランスの唯一の強みですね)中学生になって部活が始まったら、全然遊んでもらえなくなりますので、今の内ですよっ!(と言いつつ、娘の学校のPTA活動もしてますがっ)

  35. おっさんランナー より:

    >40sおやじさん
    オクム完走おめでとうございます! 強いランナーの代表格でらっしゃる40sおやじさんに読んでいただくには、お恥ずかしいマンガとなってしまいました。無念! こんな結果では、小江戸大江戸の通しも、雁坂も、夢のまた夢ですね……とほほ。

  36. おっさんランナー より:

    >つづきのこべさん
    リタイア知らずだと思っていたつづきのこべさんにも、そんなリタイアの過去があったとは。参考になりますっ! と同時に勇気もいただきました。振り返った時に「あの敗北も必要だったな」と思えるように頑張りたいと思います。おっさんTシャツの件もありがとうございますっ!

  37. おっさんランナー より:

    >つるさん
    時にはその絆がこんがらがって、首に巻きついたり足元をすくったりします(泣)嫁はさらにこの絆で二重跳びもします……

  38. ハービー より:

    お疲れ様でした(^^)
    5月の高原とは思えない暑さだったのですねぇ^_^;
    八ヶ岳と言えば「高原へいらっしゃい」という小さなホテルが舞台で田宮二郎主演のドラマが好きでした。
    旅ランしに行きたいな〜(^o^)

  39. おっさんランナー より:

    >ハービーさん
    旅ラン、いいですねえ……高原へいらっしゃいは観た事がありませんが有名なドラマですね。リタイアした後はのんびり全国をマラニックで回る……なんてことが出来たら最高なんですが、色々とハードルが高そうです

  40. ださべ より:

    嫁さんさんと旅行に行くのもいいですね。(走って)
    テントを持参で行けば宿代もかからないし、満天の星空の下でビバークとかトキメキます。。。
    内の奥様はランしてくれないですが何か?
    野辺山先生厳しいですね。
    来年は、富士山に続くリベンジマッチ再びでしょうか。
    僕のラン友のFB(オクム参戦記)にたまたまオッティランナーさんが写ってました。
    水色のバンダナ(バフ?)とランパン、タイツの出で立ちでしたが、サリーさんではないでしょうか。

  41. サイコアスロン静岡・選手会長 より:

    途中棄権して、ゴールシーンを見届けるのは結構きつかったりしますよ。
    3年前のチャレ富士はケガの影響で33㎞DNF。一度宿に戻って18時ごろ北麓へ。大事な所でケガした不甲斐なさ、ゴールできなかった悔しさ、完走したランナーへの羨ましさなどが一気にこみ上げて人目を憚らずに泣き崩れて、しばらくランナーの方を見ることができなかった。たぶんおっさんご夫妻やデビルさんたちのゴールを泣き叫びながら見届けてました。
    ウルトラマラソンの本に「完走メダルを手に入れられなくても、レースを終えた場所が、あなたにとっての栄光のゴール」って言葉があったけど、ボクはまだまだそんな境地にはなれないですね。
    今回は思うような結果とは行かなかったようですが、だからこそマラソンって面白いんですよ!

  42. おっさんランナー より:

    >ださべさん
    野辺山はとにかく星が綺麗だそうです。今回は見ることができませんでしたが、一度体験してみたいですね。ところで、ださべさんに何度もメールしているのですが、携帯メールもホットメールも届かないみたいです(泣)多分今年に入ってから送ったメールは全部届いていないような……iさんのブログにも書き込みが出来ないし、もしや嫌われてしまったのでしょうかっ!!

  43. おっさんランナー より:

    >サイコさん
    なんという言葉……そんな言葉があるんですね。オイラも嫁も、サイコさんと同じくなかなかその境地には至れません。やっぱり悔しいものは悔しいです。 でも最後の言葉に救われました。そうですね。失敗があるから成功が輝くということで!

  44. さりー より:

    >ださべさん
    その格好はまさしく私です。
    変な顔してませんでしたでしょうか…?
    死んだ魚の眼をしていないといいなぁ~汗

  45. けいちゃん より:

    お疲れ様でした。
    近い将来のお二人の感動のゴールシーンを期待しております。
    でも、このブログの読者の方はウルトラに参加して且つ完走までできる素晴らしい人達が多すぎです。
    そんな私も来年5月のGWに1人ウルトラマラニックを計画しておりますが、早まったな~と思ってます。^^;

  46. ろっし より:

    野辺山お疲れ様でした。
    ウルトラ7回完走のご夫妻でも、野辺山先生は厳しいんですね~。
    でも、嫁さんと一緒で、愛のある厳しさなんですよ!きっと(^^;

  47. おっさんランナー より:

    >さりーさん
    大丈夫です。きっとフードファイターのような目をしていたはず!

  48. おっさんランナー より:

    >けいちゃんさん
    そうなるといいなあ……とは思いますが、こればかりはまだ全然イメージができません(泣) で、一人ウルトラマラニックですか! 楽しそうな、過酷なような……是非ブログでの報告をっ!

  49. おっさんランナー より:

    >ろっしさん
    ありがとうございます。嫁の厳しさには、愛はございません。ピュアな厳しでございます。

  50. だ~まえ より:

    今回の嫁さんや、きょなんヒルズのだぶさんの件で、無事に帰宅すると言うことが一番大事だと改めて思いました。
    ボッカ駅伝も過酷そうですが、レポ楽しみです。

  51. ねこあし より:

    来年では無くても…きっと、又来ることになりますよ~♪
    さ~ら~ば野辺山よ~又来るま~で~わ~♪と、歌って、今回は終了~♪

  52. アタックおばちゃん より:

    野辺山ウルトラ、本当にお疲れ様でした‼
    漫画とみなさんのコメントのひとつひとつに感動してウルウル;_;
    B’zのウルトラソウルが頭の中を駆け巡っております。
    来年は野辺山のリベンジ&オクムコースでいかがですか?
    今回オクムの道中、「野辺山走ってきましたよ~」「来週はいわて銀河なんだよね~」という、私には聞き取れない会話が飛びかってました((((;゚Д゚)))))))

  53. だれやねん より:

    遅くなりましたが野辺山お疲れ様でした
    &道中ご一緒させていただきありがとうございました。まぁ結果等知っているのでコメできなかったのですが…
    今回の挑戦は今後活きてくると思います。
    野辺山全部を知っている訳ではありませんが
    今回ユプシロンの方も苦戦されてましたから…
    で一言
    マスターでもなんでもありませんから
    (証拠に今回DNFですからね)
    そもそもウルトラマスターってなんやねん(笑)
    実物の100倍ぐらい良い人に描きすぎです。
    (それがおっさんさんのいいところでもあるんですが)
    またご一緒する機会あるかと思いますので
    宜しくお願いします~。 

  54. さる隊長 より:

    お疲れ様でした。野辺山のレポート、グッときました(T△T)
    ウルトラは奥が深いですね。未熟者ながら野辺山先生の授業受けてみたいかも…。

  55. pink_man より:

    >サイコアスロン静岡・選手会長様
    >途中棄権して、ゴールシーンを見届けるのは結構きつかったりしますよ。
    分かるわ~。
    第15回野辺山リタイアした時、
    「もう少し我慢すれば行けたんじゃないか?」
    とか考えこみましたからねぇ。
    当時、リタイアでも完走メダルのストラップだけは
    貰えましたんで、次の年の丹後、第19回野辺山は
    メダルの無いストラップ握り締めて完走しましたからね。
    >だれやねん様
    確かにウルトラマスターってなんやねんですね。(笑)
    背中がむず痒くなりますね。
    リタイアも含めレースを楽しんでいるってことですかね?
    >おっさんランナー様
    リンクありがとうございます。
    更新遅いブログですが、割とマニアックな大会が多いのでいずれ挑戦するときの参考にてもしてください。

  56. テイテイ より:

    改めて、お疲れ様でした。
    途中リタイアした時って、何とも言えない気持ちになりますよね。
    もっと頑張りたかったのにというもどかしい気持ちと、これで苦しい思いから解放されるという少しの安堵感が入り混じって…。完走出来たランナーさんが眩しすぎて泣けてきたりして。
    かくいう私の初DNFは結構最近のことで、先月の道志村トレイルのロングの部でした^^;。嫁さんと同じく吐き気がずっと止まらず走れなくなりまして…。(スィーパーのボランティアをされてた亀さんに途中励ましていただいたというのに…(泣))
    トラウマレベルのキツさを味わったため、しばらく道志村には行きたくないと思ったので、すぐにリベンジする気になれない気持ちも共感できます。(まあ道志村はコースと制限時間がアレなので、すべての条件が揃ったとしても、私の走力では関門通過は怪しかったと思いますが(^◇^;)。)
    でも、お2人なら近い将来にきっと野辺山リベンジ出来ると思いますよ(^^)。これまでにたくさんの過酷なレースを完走してきたのですから。実力不足なわけがないですよ!
    私も来年になるか再来年になるかはわかりませんが、野辺山100挑戦出来るよう精進して行きたいと思います。
    道志村はもう懲り懲りですけど…^^;。

  57. おっさんランナー より:

    >だ~まえさん
    家に帰るまでがマラソン。今回はコメント欄から名言も出ましたね。オイラも本当にその通りだと思えるようになってきました。

  58. おっさんランナー より:

    >ねこあしさん
    ナイス締め。ありがとうございます!

  59. おっさんランナー より:

    >アタックおばちゃんさん
    ウルトラソウルがオイラの頭にも鳴り響き始めました(笑) しかし野辺山からのオクムは、もはや凡人の体には悪い気がっ! それでも平気な人はもはや神のごとき存在かと……

  60. おっさんランナー より:

    >だれやねんさん
    実はオイラもだれやねんさんのブログに書き込もうとして、あ、ネタバレになる。と思いとどまってしまいました(笑)お気遣いいただきすいません! それにしても、今回は嫁ともども本当に感謝しております。少なくとも、オイラでは嫁を止めることは出来ませんでした。子供のことを言われた時に、「はっ!」と目からウロコが落ちたそうですよ。ナイスだれやねんさん! これからもよろしくお願いしますー!

  61. おっさんランナー より:

    >さる隊長さん
    ありがとうございます。野辺山先生は、本当にスパルタですが、きっといつか微笑んでくれるはず……そう信じてもう一度いつかチャレンジしたいです

  62. おっさんランナー より:

    >pink_manさん
    ストラップだけ!? そんなサービスがあったんですね。pink_manさんのブログは、一度隅からすみまで読みたいと思います。新たな○ntaiの大会を見つけてしまいそうで怖いですが(笑)

  63. おっさんランナー より:

    >テイテイさん
    オイラリタイアは二回目ですが、むしろ心に深く刻まれるので思い出としての価値は高い……のかも?? そして道志ロング、DNFだったのですね。あの大会は、ラン友のヤジ君(エキスパートです)ですらギリギリ完走の大会……チャレンジされただけでもオイラ尊敬でございます。失敗があるから成功がある。そう信じてお互い頑張りましょう!

  64. ジュリー より:

    野辺山先生もおっさん夫婦も読者ランナーさんもみんなみんな優しいよ~~~~~!
    ウルウルです。
    みんなそれぞれの大会に、色々な思いや経験とともに涙あり笑いあり、だから走るのはやめられないんですよねー。
    4日のHOTHOT100の70kmに参加してきた私は、腹痛がひどく何度も何度もトイレに駆け込む状態で、なのにコースもわからない為、一緒に走っていた仲間に、先に行ってーーとも、やめるとも言えず、優しさに甘えてしがみついてゴールしましたが、みんなのペースを乱してまで走り続けるべきだったかと、完走したのに、初めて嬉しさより情けなさが込み上げました。
    完走が全てではないと思いました。
    HOTHOT先生ありがとう~☆
    スタート前には、おっTのおかげであかねこさんとTHさんとエール交換してとても嬉しかったです。
    ランナーみな兄妹!これからもよろしくです(^_^)v

  65. ぷみ より:

    野辺山編、お疲れ様でした(^^)
    お二人にお会いでき、似顔絵まで描いて頂いて、思い出いっぱいのレースになりました。ありがとうございました。
    プーさん姿のだれやねんさんもお見かけしました。マスターとお話したかったです(笑)60キロ過ぎからしばらくの間はユプシロンの方、90キロ過ぎた辺りからは2人のデカフォレストの方達が近くにいて、おお~、凄い人達と今一緒に走ってるんだな~と感動しました。
    pink_manさんに教えて頂いた動画も見ました。バッチリ映っていて、友人達にも見てもらえました。ありがとうございました(^^)
    DNFのトラウマ…私にも覚えがあります(^^;
    飯能・越生50Kのコースと関門があまりにもキツく、半分までしか辿り着けませんでした。(完走率40%台で、2回目もそれは変わらないようです)それ以来、埼玉の山が恐ろしくなり、足を踏み入れられなくなりました…。いつかまた!とは未だに思えません~(^^;

  66. おっさんランナー より:

    >ジュリーさん
    嬉しいお言葉ありがとうございます。でもジュリーさんの70km完走も、一緒に走ったお仲間は迷惑だなんて思ってないと思いますよ。ランナー皆兄妹という名言、いただきましたっ!

  67. おっさんランナー より:

    >ぷみさん
    マスターはちょっとシャイな人見知りですが、中身はマンガの通りとても素晴らしい方です。オイラも一度ゆっくりお話してみたいですね(ラン中に結構お話してますが(笑)) そしてぷみさんもトラウマを抱えてらっしゃるとは。意外とランナーあるあるなのかも? 今のオイラなら、その会話に混ぜていただけますよっ! なんだかリタイアしたことで、別の世界が広がったような気もします。皆様フォローありがとうございますっ!